薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 履歴書のポイント >> 自己PR欄はどうする?

自己PR欄はどうする?

薬剤師として転職活動をしている人は、履歴書で自分をアピールすることが大切になります。自分にはなにができるのか、どのようなスキルと知識を持っているのかを相手方に知ってもらうことが目的ですが、まずは採用する側が求めている人物像を知ることが大切になります。どのような人を採用したいかという部分にマッチしていないと、いくらアピールしても見当違いなものになってしまいます。ですから、情報収集からはじめるのがいいでしょう。

そして、どのような人材を求めているかを把握したら、今度は薬剤師としての自分のキャリアや実績をそれに合わせてアピールしていきます。とくに成功事例を具体的にあげて書くことでアピール度がアップします。こういった状況で、自分がどう動いたことによって成功に導くことができたといった具体的な内容のほうが相手にも伝わりやすいと言えるでしょう。得意な仕事や、好きな業務などから考えていくと書きやすいかもしれません。

次に、薬剤師としてのスキルや知識をアピールしましょう。自分の持っているスキルや知識が、転職を希望している就業先でどのように活かせるかを伝えることが重要になります。ここでも大切なのは相手が求めている人物像になります。こういったことができるので、その就業先でも自分の能力が活かせるのだという内容です。この部分でとにかく自分の能力をアピールしようと躍起になって、見当違いの内容にならないように注意しなければいけません。

また、自己PR欄ではやる気や人間性のアピールも大切になってきます。やる気がありますというワードだけではなにも伝わらないので、どのようなことをしていきたいのかをアピールしていくのが重要になります。前向きな姿勢や意欲を見せることで好印象につなげていく工夫が大切です。ただし、わざとらしくなってしまったり、定型文をコピーしただけのものでは逆効果になってしまうこともあります。自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

薬剤師として転職活動をしていくときでも、専門性の高い知識や技術を持っているならば、それをアピールできる履歴書が大切になります。そこで自分の能力が十分にアピールできなければ、能力が高くてもそれを評価してもらうチャンスがもらえないことも考えられます。履歴書を上手に作成したいという人は、転職エージェントに添削してもらうのがいいでしょう。無料で登録が可能で、いろいろなサポートを受けることができるのです。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.