薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 履歴書のポイント >> 職歴欄のポイント

職歴欄のポイント

薬剤師として転職を希望しているならば、履歴書の書き方にも注意をしていきましょう。専門性の高い職種ですが、いくら自分にスキルと知識があると言っても、それをアピールしないことには相手には伝わらないからです。履歴書は自分がどういった人間で、どのようなスキルと知識があり、どのような経験をしてきたのかを相手に伝えるためのものなのです。そのため、内容は正確であることが重要ですし、不足している部分のないようにしなければいけません。

とくに職歴欄にも正確性が求められると考えていいでしょう。自分のことをアピールするのは志望動機や自己PR欄だと考えている人もいるかもしれませんが、この職歴欄も自分が何者であるか、どういった経歴があるかをアピールすることができる重要な部分になってくるのです。まずは学歴から書くのが普通ですが、社会人の転職では最終学歴は最低でも書いておかなければいけない要素となります。入学年と卒業年は正確に記載するようにしましょう。

次に職歴を書いていくことになりますが、職歴は時系列で書いていくのが基本となります。入社年を記載して、その会社名、業務内容も書いておきます。職種と従業員数も書いておくと、どれくらいの規模だったかを把握しやすくなります。薬剤師の場合は、薬局やドラッグストア、病院というように、同じ有資格者でも業務内容に違いがあります。ですから、転職を希望している就業先と共通する業務内容がある場合には、経験があるというアピールになるというわけです。

また、退社している場合は、その年月もきちんと記載することになります。退職の理由は詳しく書く必要はありませんが、円満退社ならばそのことを伝えられるような内容にしておくことも大切です。なにかトラブルがあって退職したケースでは、やはり印象は良くないからです。まだ退職していない人は、入社年月と業務内容等を記載して、最後に「現在に至る」と書けばいいでしょう。職歴欄を終えるときには右寄せで「以上」の一言を書くのが基本です。

採用する側の立場を考えれば、職歴欄で重視するのは活躍できる人材かどうか、そのための経験を持っているかどうかだと考えていいでしょう。正社員としての求人の場合は、定着して長く勤めることができるかどうかも重視されます。職歴欄の書き方に不安があるという人は、転職エージェントに添削してもらうのがいいでしょう。多くの薬剤師の転職をサポートしてきたコンサルタントに無料でアドバイスをもらうことができるからです。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.