薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 履歴書のポイント >> 履歴書に添え状は必要?

履歴書に添え状は必要?

転職活動をしていくうえで欠かせないものといえば書類の作成です。面接を受けるにしても書類選考があることが多いですし、面接のときに履歴書や職務経歴書を提出することもあるでしょう。いずれにしても、きちんとした内容であることが重要ですし、送付するにしても提出するにしても、そのやり方が社会人として常識的なマナーにかなっているかどうかも採用か不採用かを左右する要素になりかねないのです。当たり前のことができていないと、良い印象は持ってもらえません。

とくに履歴書を送付をするときにはビジネスマナーとして添え状をつけることが重要です。薬剤師として転職活動をしている人でも、添え状をつけたほうがいいのか、つけなくても良いのかわからないという人もいるかもしれませが、基本はつけるものだと考えておくべきでしょう。それはビジネスマナーとしての常識でもありますし、自己アピールや志望動機を伝えておくことができる要素でもあるからです。ですから、添え状の内容、書き方というのも重要になってくるのです。

採用する側の立場を考えてみれば、送られてきた封筒をあけるとまずは添え状が1枚目に出てくるはずです。そこで第一印象がよければ、それ以降の履歴書や職務経歴書の印象も変わってくることもあるかもしれません。逆に、添え状がしっかりしていなかったり、ついていなかったりする場合は、封筒をあけるといきなり履歴書と職務経歴書が出てくるので、少し不躾な印象を与えてしまいかねないというわけです。最低限の礼儀として欠かせないものなのです。

そして、添え状に書く内容というのは、まずは日付と宛名になります。日付は履歴書や職務経歴書と一致させるのが基本です。また、宛名は相手方の正式な名称と採用担当者の名前を入れることになります。担当者の名前がない場合は、「採用ご担当者様」か「人事部御中」といったものにしておくのがいいでしょう。それから自分の住所と電話番号、名前も記載しておくことになります。ほかの書類にも記載する内容ですが、どの書面を見てもすぐにわかるようにしておくとよいでしょう。

さらに文頭の挨拶は欠かせません。定型文でいいので必ず書いておくようにしましょう。その次にどの媒体で求人情報を見たかも記載して、自己PRをして面接の申し込みをします。最後には結語も必須です。このような添え状の書き方に不安があるという転職希望の薬剤師は、転職エージェントで添削をしてもらうのがいいでしょう。無料でみてもらうことができますし、しっかりした内容で送付することができれば採用される可能性もアップするはずです。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.