薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 履歴書のポイント >> 得意科目欄のポイント

得意科目欄のポイント

薬剤師として転職活動をしている人のなかには、履歴書の得意科目欄になにを書くべきか悩んでいる人もいるかもしれません。自分の能力やスキル、経験といったことのアピールは、ほかの職歴欄や志望動機、自己PR欄で書いてしまったので、特別に得意科目を書く必要もないと考える人もいるでしょう。そういったケースでは、履歴書を買うときに、さきにどういった欄が用意されているのかを確認してから購入するのがいいでしょう。得意科目欄は必ずついているわけではないからです。

それでも自分のことをPRできるのならば得意科目欄を活用したいという人もいるでしょう。そういったケースでは、希望している転職先での仕事に役に立つようなものを紹介するのが効果的です。とりあえず正直に得意だった科目を書いても良いのですが、そのことでなにを伝えたいのかが重要になってくるのです。この科目が得意だったので、仕事でも活かせる能力を持っているということがアピールできれば、好印象を与えることが可能かもしれません。

ですから、薬剤師として転職を希望しているならば、履歴書の得意科目欄には、その就業先の仕事と共通している要素があるものを書くのがいいでしょう。かけ離れた分野だと、別の求人のほうがあっているのではと判断されてしまうこともあります。専門性の高い業種なので、就業先の仕事の内容をよく把握しておくことも大切になります。なにか共通項があるならば、積極的にアピールをしておくことで、前向きな姿勢を見せることができるはずです。

注意点としては、新卒者や第2新卒の人がアピールする欄という傾向が強いということを頭に入れておく必要があります。社会人として転職を希望している人は、やはりそれまでの実績や経験をアピールするほうが得策だと言えます。下手に学生時代のことばかり書いてしまうと、社会人としての経験がうまく伝わらなくなってしまうこともあります。その点について考えるならば、無理をして得意科目欄がある履歴書を選ぶこともないという人もいるはずです。

そこで、得意科目をはじめとする履歴書の書き方について悩んでいるという人は、転職エージェントを活用するのがいいでしょう。薬剤師の求人を専門に扱っているサイトがあるので、そこで経験豊富なコンサルタントのアドバイスを受けることができます。履歴書についても無料で添削をしてもらうことができます。独力で書いたものよりもしっかりした内容にすることができれば、採用される可能性も高まるというわけです。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.