薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 履歴書のポイント >> 履歴書の書き方のポイント

履歴書の書き方のポイント

薬剤師として転職を希望しているならば、履歴書にきちんと自分のことを書いていくことが重要になります。まずは書類選考があって、そこから面接を受けて採用されるかどうかが決まることになるので、書類選考の段階で落ちてしまえばそれまでなのです。たかが書面だけじゃないかと考えても、そこにきちんとした情報が書き込まれていなければ、いくら能力が高くて経験があっても書類選考で落とされてしまうことも考えられるというわけです。

採用する側にとってみれば、まだどんな人物か知らない段階での最初の情報源となります。そこに伝えておくべき情報が含まれていなければ、採用する側は不十分な内容のままで判断しなければいけなくなります。ですから、自分で伝えるべきことはきちんと履歴書に書き込んでおくことが重要になります。とくに志望動機や自己アピールといった部分については、採用する側が重視してくるポイントにもなっていることを頭に入れておかなければいけません。

もちろん、同じ薬剤師業界でも希望する就業先によって採用したい人材には違いがあることも考えられます。その点についても把握して書類を作成していくことも重要になります。どういったスキルや経験、知識が活かせるのかといったところにも注目してもらえるようにしていきましょう。ほかの転職希望者と自分のどこが違うのかという差異化をはかることができる重要な要素になるからです。平凡な内容では優劣もつけられないというわけです。

ですから、薬剤師が転職時に履歴書を作成するときには、職歴、志望動機、自己PR、特技欄などに就業希望先を意識した内容を書き込んでいくことが大切になります。自分にとってここがアピールポイントだと考えていても、それが採用する側の需要とマッチしなければ意味がありません。どういった人材を求めていて、それに対して自分がこういったことができますといった回答が重要になってくるのです。なにも考えずにアピールするばかりでは弾は当たらないというわけです。

このように、履歴書というのは転職活動において先陣を切る大切な役割があります。いいかげんな内容では当然書類選考で落とされてしまいますし、採用する側の求める人材であることがアピールできていなければ同じ結果となります。不安のある人は薬剤師に特化した転職エージェントにアドバイスをもらって、的確な内容で作成していくのがいいでしょう。経験豊富なコンサルタントが、薬剤師の転職を効果的にサポートしてくれるでしょう。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.