薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 状況別の履歴書の書き方 >> ブランクから復帰する場合

ブランクから復帰する場合

薬剤師として活躍されていた方が、何らかの理由で職を離れ、その再び薬剤師に復帰するために就職活動をおこなうことがあります。ただし、残念ながら、このような事情の場合、新卒採用に比べると、就職活動を取り巻く状況はたいへん厳しいものとなります。

したがって、何も工夫をせずに就職活動を続けていても、新卒、若年者に勝つことはできません。「自分を採用したらこれだけ得なことがある」ということを、採用する側に納得させることが重要となります。そのためには、まず効果的な履歴書・職務経歴書を作成しなければなりません。そして、そのためのひとつのポイントとして、「志望動機欄の有効活用」をあげることができます。そもそも仕事にブランクが生じたのは、それぞれ個別の事情があるかとは思いますが、そのブランク中に得た経験や知識をしっかりと志望動機欄でアピールできるようにすることが重要なのです。

たとえば、子育てのために、一定期間無職であった女性を例にとって考えてみます。ブランク中は子育てに専念していたわけですから、そこから得た経験や知識などは一見すると何もないように感じます。しかし、子育ての経験や知識、母としての立場の認識というのは、実はその人にとっての強みになる場合があります。とくに調剤薬局やドラッグストアの場合、接客能力が大きく問われますが、それは子供を持つという経験によってより磨きがかかっているはずです。それを具体的事例も交えてアピールできれば、その人の履歴書はより魅力的なものへ変身します。

また、薬剤師を辞めて他の業種へ転職した男性が、再び薬剤師へ復帰する場合も同様です。他業種での経験からいったい何を得たのか、またそれを薬剤師に復帰したときにどう活かすのか、具体的なストーリーをわかりやすく簡素にまとめて志望動機欄に記述することです。

ここで重要なことは、「具体性」です。たとえば、「忍耐力を養った」とか、「協調性が備わった」などは、新卒者の履歴書の記述としてはそれでよいのでしょうが、薬剤師へ復帰を希望する方の履歴書としては失格です。そうではなくて、もっと具体的に、極端にいえば採用が決まったその初日から、どのように具体的に薬剤師として働きたいのかを記述します。そうすることによって、採用する側から見て、とても魅力的な履歴書に仕上がることになります。

実は、魅力的な履歴書・職務経歴書の書き方のコツはこれだけではありません。より詳しい内容を知りたい方は、求人サイトの活用をぜひご検討ください。求人サイトは、単に薬剤師の求人情報の提供だけをおこなっているわけではありません。このような採用選考を通過しやすい履歴書や職務経歴書の作成アドバイスもしています。就職エージェントを大いに活用して、薬剤師への復帰をより有利に進めていきたいものです。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.