薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 状況別の履歴書の書き方 >> 転職回数が多い場合

転職回数が多い場合

薬剤師が就職したいと思った場合、さまざまな企業の求人がありパート、正社員を問わず求人数も豊富といえます。まさしく、就職、転職に有利な資格であるといえます。年齢を問わず就職、転職に活かすことができる資格であり、また勤務地域も選べるという利点があります。薬剤師である方の中には、より良い条件のところへと転職している人も多く見られますが、やはり転職回数が多いと良い印象には映りません。

薬剤師で転職を繰り返している人は、例えば夫あるいは妻が転勤族で転勤に伴い、引越しをしているので転職をしているといった状況だと、まだ理由がつきます。転々と転職しているけど、それはやむを得ない事情があったんだといった解釈がされます。しかし、そうではない理由を持つ人も当然います。ちょっとでも良い条件であればすぐに転職してしまう人やまた人間関係のトラブルで転職を繰り返している人もいることでしょう。

では後者の場合、どういった形で履歴書を作成すれば良いのか?これは、相当検討しなくてはならない内容です。当然ながら、ネガティブ要素は決して書いてはいけません。ひどいいじめにあったとか上司と喧嘩して・・・なんて理由はもってのほかです。例え相手が100%悪くとも、そうした理由はネガティブな理由と捕らえられ、それだけで不採用の要素に繋がってしまいます。

転職回数が多い人はプラスの理由、あるいは向こう側の都合で退職した旨を履歴書に記載することをおすすめします。例えば前にいた薬局が、主に取り扱っていた病院が閉鎖することになったため、薬局も閉鎖し退職したといった理由は向こう側の事情であり、そんなに障害になることはありません。また例えば、薬剤師として経験を若干積んできたので、かねてより興味があった○○をやってみたいといったことでも、マイナスの理由にはなりません。

ただどうしても、転職が多いのはマイナスイメージです。昔ながらの日本の感覚の人は、なおさらそういった意識を持っていることと思います。マイナスは避けられないにしても、せめて少しでもマイナスにならない方向性で関連付けをしていければベストですね。文章の書き方によって印象はまるで違ってくるので、そうしたことも踏まえて履歴書の記載事項を検討してみてはどうでしょうか?

また転職にあたり、求人サイトの利用を考えている人もいることと思います。求人サイトの利用は転職先の紹介ばかりではなく、面接指導や履歴書作成指導なども無料でおこなってくれます。せっかくなら、ぜひともチェックしてもらいたいところですよね。この機会に求人サイトの利用を検討してみてはどうでしょうか?

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.