薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 状況別の履歴書の書き方 >> 外資系の企業に応募する場合

外資系の企業に応募する場合

外資系企業は人気が高く、近年は新卒で外資系を目指すといった人も少なくありません。外国語が得意といった人は日系ではなく外資系を受ける人も多いことから、外資系の人気はますます高まっています。また就職に有利な士業系の資格を持っている人でも、そちらではなくまずは外資系でチャレンジしたいといった人もいることでしょう。

近年は日系企業も相次いで海外進出を果たしており、あらゆる職業の人が海外で勤務しているのが普通の時代となってきました。医療関係者も海外で活躍している人が増えており、日本の医療の技術力の高さは定評があります。ボランティアで活躍している人もいれば実際に働いている人もいて、実にさまざまですが薬剤師の資格をもっている人の中には外資系の企業に勤務している人も見られます。

外資系企業で日本人をスタッフとして雇用したり、現地の日本人相手に顧客対応をしてもらう上で雇い入れるといったケースがあります。外資系企業はそれなりのスキルが必要なので、特に英語は必須だと考えて間違いありません。中には外資系企業の中で、日本人向けに対応するといった位置づけで日本語オンリーでOKの場合もありますが、基本的には英語は必須といえるでしょう。

薬剤師の資格を活かして外資系企業を受ける場合には、日本語の履歴書だけではなく、英語の履歴書も作成しておきましょう。英語の履歴書については、書籍などで書き方をマスターするといいかと思います。薬剤師関係となると、ちょっと踏み込んだ英語力が必要になるケースもあるため、そのあたりについても確認しておきたいところです。外資系の履歴書は日本とはまた異なった履歴書になっているので、自分では想像がつかない箇所で修正が必要な可能性があります。

外資系を受けるのが初めてといった薬剤師の人は、特にプロの求人サイトコンサルタントにアドバイスをもらうのがいいでしょう。プロのコンサルタントは外資系企業好みの履歴書作成にも精通しています。特にこの履歴書作成については、コツがいるのが通例です。逆にコツをつかんでしまえば、書類選考を突破することも充分可能になってきます。

求人サイトのコンサルタントに外資系を受けたい、また履歴書見てもらいたい旨、問い合わせてみるといいでしょう。エージェントでは履歴書の書き方をはじめ、あなたが希望している関連企業の情報を提供してくれるサービスも実施しています。良い企業とめぐりあえるといいですね。求人サイトでも信頼できるところをまずは見つけ出したいところです。薬剤師として、大きく飛躍できる新たなステージをぜひとも開拓していきたいですね。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.