薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 状況別の履歴書の書き方 >> 大手から中小へ転職する場合

大手から中小へ転職する場合

薬剤師の経験がある方で、大手企業から中小企業へ転職を検討している人もいることと思います。中小企業は大手企業に比べて、小回りが利くといった利点があり、やりがいのある仕事につきたいと大手から中小へ移るといった人も少なくありません。また知人や同級生などの病院や薬局の立ち上げにあたり、手伝いの形で転職する人もいることでしょう。縁故採用であれば履歴書はそんなに問題視されませんが、そうではない場合は履歴書作成が大きなカギとなります。

大手から中小への転職については、なぜあえて中小に?といった目で見られるのがポイントです。大手の場合、人数も多いので人間関係に嫌気をさしてやめたといった人もいることでしょう。しかしそれを履歴書に書くのはもちろんしてはいけないことですし、大手より中小(御社)に感じる魅力について触れる必要があります。

中小だからこそできる仕事内容も当然にあることでしょう。中小のメリットを生かした形で、ぜひとも履歴書作成に挑みたいところです。また大手で培ってきた経験を記載して、それをPRするのもいいでしょう。いずれにせよ、やめる(やめた)理由というのは、けっこう重要視されるものです。また自分の会社を受けた志望動機についても、かなり見られるものだと思って間違いありません。

最近では大手に負けない魅力を兼ね備えた中小企業も多く、そうした魅力から大手を辞めて中小へ移る人も見られます。強い信念があって「絶対に○○したい」といった理由があれば、それをそのまま書いても良いわけですし、相手にも熱意が伝わりやすいです。問題は「人間関係に疲れた」とか「上司とあわない」といった理由で仕事をやめた人たちです。

履歴書の書き方ですが、もちろん職歴については正直に書かなくてはなりません。その上でどういった魅力があって、その会社を受けるのか?といったことを理由づける必要があります。もっとも多く取り上げられるのは中小企業の個性です。大手では箱が大きい分、個性に欠けるといったことも1つのポイントになることでしょう。こうした理由をうまく組み込んで、履歴書を作成していきましょう。

転職を検討している人は求人サイトに登録している人もいることと思います。当然、薬剤師の資格を持っているならば、薬剤師求人を専門に扱う求人サイトに登録する方が有利といえます。求人サイトでは大手企業から中小企業へ転職するにあたって、履歴書作成のアドバイスもしてくれるコンサルタントが在中しています。こういったプロの目線からのアドバイスを、ぜひとも活用してみるとより就職に有利に働くことでしょう。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.