薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 状況別の履歴書の書き方 >> 調剤経験が無い場合

調剤経験が無い場合

「安定した職業につきたい」「医療関係で勤務したい」といった人もいることと思います。調剤薬局などは希望者が多く、またそれなりに求人数があります。病院の新規立ち上げなどの際は、求人が出る可能性があるので、まさしくチャンスといえます。調剤の仕事に携わりたいといった人は、薬局関係の求人をチェックしてみるといいでしょう。

前職も調剤の経験がある人は当然ながら、雇用されやすいのも特徴です。中途採用などの場合には、できれば経験者がほしいと思うのは当然のことといえます。しかしながら経験がないとなると経験者が応募してきた際、不利になるのは避けることができません。そのためにも違う職歴の場合、履歴書に前職を活かした形で調剤の仕事に貢献できることなどを明記しておくことが大切といえます。

例えば前職が、医薬品卸関係勤務の場合、会社員として培ってきた最新の医薬品知識や様々な医薬品に対する豊富な知識がプラス要素となります。また例えば、ドラッグストア関係での仕事をしている薬剤師であれば、お客様に医薬品について分かりやすく説明をおこなってきたこと、接客経験が豊かなことが考慮され、プラス評価される可能性があります。このようにまったく関係が違った職業だった人でも、調剤の仕事につくにあたって役立つ何かをアピールすることは十分可能なのです。

履歴書を見る側は前職などにももちろん興味がありますが、実際に入社してきたらどういう風にプラス要因になるのか?またどういった仕事をしてもらうか?と考えているものです。そうした観点から調剤で勤めるにあたって、自分は○○が得意だからそれを積極的に役立てていきたいといった方向性を示すことが重要になってきます。同じ内容を履歴書に記載しても、アピールの仕方で相手にはかなり違った形で目に映るものです。

もちろん調剤を仕事としたいならば、薬剤師資格を持っていることは必須となります。経験のない新卒入社でも今後の人材の育成を考え、積極的に採用している調剤薬局も少なくありません。一概に経験がないということだけが、採用の基準ではないことを覚えておきましょう。

実際に調剤薬局に就職をとことが進むにつれ、歴書等の書き方について、あれこれ悩みを抱いている人も多いことと思います。一人で頭を抱えるのではなく、求人サイトのコンサルタント利用を検討してみてはどうでしょうか?求人サイトでは、登録することで求人を紹介してくれるだけではなく、履歴書や職務経歴書の指導についてもおこなっており、実際に就職に役立つアドバイスをしてくれます。履歴書記載の際には自分では思いつかない重点ポイントも多く、そのあたりを改善すればすんなり書類選考が通るなんて話もよく聞きます。経験がない、またいつも書類選考で落とされるといった人は薬剤師専門の求人サイトの活用をおすすめします。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.