薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 希望職場別のポイント >> 病院希望の場合

病院希望の場合

薬剤師として転職活動をしている人のなかには、病院で働きたいと考えている人もいるでしょう。そうした場合には、病院側がどのような薬剤師を求めているかを知っておくことが重要になります。その人物像とのマッチングが採用か不採用かを決めるというわけです。ですから、効果的に自分の能力やスキル、知識をアピールできるようにしておかないといけません。そのためには履歴書での志望動機や自己PRが重要になってくるというわけです。

求人に応募して採用されるまでには、書類選考と面接というように自分のことをアピールできる場があります。そのなかで志望動機というのは必ず必要になる項目ですし、自分のことを知ってもらうことができる部分でもあるのです。ただし、病院側が求める人物像とかけ離れたアピールをしても意味がありません。ですから、まずは情報収集から始めることをオススメします。求人情報のなかからも読み取れることがありますし、公式サイトなどを訪れることも大切です。

ホームページを持っている病院ならば、そこに経営理念や理想が紹介されていることが多くあります。なかには人事課の項目で求める人物像に言及しているケースもあるのです。ですから、履歴書を書く前の情報収集としては、公式サイトがとても役に立つというわけです。ほかにも資料請求をすることでパンフレットを入手することができるケースもあるでしょう。パンフレットというのも大切な情報源になるはずです。内容をしっかりと読んでおくようにしましょう。

そのなかで得られた情報をもとにどういった人材が求められているかを知っていくことになるのですが、そこに無理やり合わせて履歴書を作成するのはよくありません。そうではなくて、求められている人物像に対しての共通項を自分のなかから探し出していくのです。それは経験であり、知識であり、スキルのほか、性格や仕事に対する姿勢なども含まれているでしょう。共通する部分を見つけて、そこをしっかりとアピールすることが大切です。

薬剤師として病院で働きたいと考えて転職活動をしているならば、転職エージェントも活用していくことをオススメします。自分の希望に合った求人を紹介してくれるほか、いろいろな相談にものってくれます。とくに履歴書や職務経歴書に不安があるという人は、経験豊富なコンサルタントの添削を受けるのがいいでしょう。それで書き直しをしていくことで、より充実した内容にしていくことができ、採用される可能性もアップするというわけです。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.