薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】

薬剤師の履歴書ナビ TOP >> 希望職場別のポイント >> 調剤薬局希望の場合

調剤薬局希望の場合

転職を希望している薬剤師のなかには、調剤薬局で働きたいと考えている人もいるでしょう。主な就業先としてもドラッグストア、病院と並んで調剤薬局は人気の高い就業先になります。病院のあるところには必ず薬局がありますし、人手が不足しているところも多くあるうえに、給与が病院よりも高いこともあるので転職先として希望する人が多くいるのです。それこそ、病院やドラッグストアから移ってくるという人もいるでしょう。

ですから、調剤薬局への転職を希望している薬剤師の人は、自分がどういったことをできるのかをしっかりとアピールする必要があります。面接のときだけでなく、履歴書や職務経歴書を作成するときにも、そこで働くことを想定して、これまでのどういった経験が活かせるのかを考えましょう。持っているスキルと知識を活かして、どのように働いていきたいかを伝えることで、採用してもらえるような自己PRをしていくというわけです。

調剤薬局という職場を考えた時には、接客という要素が重要になります。病院勤務の場合と違って、多くの人が毎日薬をもらいに訪れることになります。世代も性別もバラバラですし、当然、症状、病気についても人によって違いがあります。そういった人たちに対して、丁寧かつ正確に対応していくことが求められる職場でもあります。ですから、人と話すことが好きで、愛想の良い人のほうが好まれるのだと考えることもできるでしょう。

また、パソコン入力のスキルは必要になってくると考えておいていいでしょう。基本的な操作ができれば問題はありませんが、パソコンの扱いが苦手だという人は、スムーズに仕事を進めていくことができないことも考えられます。接客と事務処理という2つの業務をこなしていくことが求められると考えられます。混んでいればスピーディな対応が求められますし、そのなかでも服薬指導や薬の説明を怠ってはいけないので、臨機応変に対応ができる人が評価されると言えます。

そこで、履歴書を書くときにも、自分がどういった人物かというアピールを効果的にしていくことが求めれます。調剤薬局での接客や事務処理に向いている人物であることを紹介していきましょう。調剤薬局に合わせた履歴書の書き方やアピールの仕方については、転職エージェントに添削をしてもらうのが良いでしょう。アドバイスを受けて書き直していくことで、より採用されやすい内容へとしていくことができるはずです。無料で会員登録ができますし、相談やアドバイスなどのサービスにも費用は発生しません。

転職ご検討中の薬剤師の方へ!履歴書の書き方がわかるサイトをご紹介

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>> 応募書類もバッチリ!薬剤師求人サイトランキング詳細はコチラ!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の履歴書ナビ【※転職時にはご一読!】 All Rights Reserved.